"> 輸入車メーカーの主な日本向けの仕様とは

ディーラー車は日本仕様に作られている

輸入車の中には、ディーラー車と並行車がありますが、その国の事情に合わせて製造された車をそのまま日本で販売する並行車と違い、ディーラー車は日本仕様に作られています。

どこの国でもその国よって道路事情ほか様々な決まりがありそれに合わせて車が製造されているのですが、輸入車の日本向け仕様車とは、それに加えて日本の道路事情や法律に合わせた仕様で製造された車です。

従って当然のことながら国内ではなにかと使いやすいのがディーラー車ということになります。

それだけに国内で中古車として手放す場合においても、車買取店の査定価格、ディーラー下取り価格とも、並行輸入車などと比べるとかなり有利になることが普通です。

日本の道路は左側通行なので右ハンドルですが、それでも左ハンドルの車でも公道を走るのを許されていることから、左ハンドルの車でもそのまま輸入されることも少なくありません。

しかし国によっては、その国で定められているハンドルの位置の車でないと輸入することが出来ない国もあります。

ちなみに、日本の車の多くは、一部ターボ車を除きレギュラーガソリンですが、輸入車はハイオクガソリンですが、輸入車の場合はハイオク仕様を日本向けにレギュラー仕様にしてあるものもありますが数は多くないようです。

輸入車はハイオクなので食指が動かないという人もいますが、輸入車を購入する人の多くは、コスト以上に性能とかステイタスやスタイルなどを重視しますから、ハイオクでコストが高くても気にならない人が購入層というのが現実です。

不況にもかかわらず日本の輸入車の販売台数は伸びているといいます。

そんな影響もあるのかどうか、フォルクスワーゲン社では、日本専用のレギュラーガソリン車にすることも検討中だそうです。

なので、フォルクスワーゲンがレギュラーガソリン仕様になるのもそう遠くはないようです。

デザインも性能も優れている日本車がありながらも、それでも輸入車人気は衰えを見せていないのが現在の輸入車の状況といったところですね。

■日本向け仕様の輸入車はどの程度の変更がなされているのか

並行輸入車に比べて何かとメリットの多い日本向け仕様の輸入車ですが、実際には現地の基本的な仕様に比べてどのような変更が行われているのか気になるところです。

当然メーカーによって様々な違いはあるでしょうが、日本での販売台数が多いドイツ車の場合で見ると、ライトやウインカー、マフラーなどの保安適合部品、日本の気候に合わせたバッテリーの変更などといった具合のようですね。

もちろんエンジンなど車の基本性能や耐久性がしっかりしていれば仕様変更も少なくなるはずですので、仕様変更が多いから安心だということにはなりません。

また、このような日本向けの仕様変更というのは、当然ながら日本国内での不具合の状況などがフィードバックされているでしょうから、国内での歴史が古く販売台数も多い車の方が何かと安心であるとはいえるでしょう。

仕様の違いで分かりやすいのはハンドルの位置ですが、昔と違い現在では輸入車全体の8割超が右ハンドル車になっているそうです。

でも高級車の場合「外車は左ハンドル」というこだわりが強い方もやはりまだ多く、フェラーリやランボルギーニといった高級スポーツカーは、日本向け右ハンドル自体は用意されているものの、実際の販売では今なお左ハンドル仕様車が中心だそうです。

こんなこだわりが存在するのは日本だけかもしれませんね。


このページの先頭へ