"> 輸入車購入のチェックポイントについて

中古輸入車となると色々チェックしたいポイントが出て来る

輸入車を新車で購入しようと思っても、価格が高くてなかなか手が出ません。

そこでおススメは中古の輸入車です。

しかし、新車での購入なら、それほど心配はしなくていいのですが、中古輸入車となると色々チェックしておきたいポイントが出てきます。

購入したい輸入車の車種が決まれば、ディーラーにするか平行輸入にするか、それぞれのメリットやデメリットを比較して検討することになるでしょう。

しかし、何気なく買ってしまったその後で、その車にとんでもない欠陥があったのでは大きな後悔をすることになってしまいます。

後悔をできるだけ避けるためにも、輸入車の購入でまず大事にしたいのは、信頼できる販売店から購入するということです。

信頼出来る販売店なら、もしも何か問題がおきてもそれなりの対応をしてくれるはずですし、中古輸入車の場合は特にその点が重要になります。

輸入車購入のチェックポイントは、第一印象が大事と言えるでしょう。

直観というか、その車と相性が合うのかどうかと言うのは、後々のことを考えると大事にしたいものです。

まずはその店を確認し、そのうえで色々チェックしていけばいいでしょう。

まずチェックするポイントの一つはホイールです。

ホイールに傷が多いのは、前の持ち主の運転が下手なのか乱暴だったのが考えられ、いずれにしても好ましいことではありません。

ドアの傷もそうですが、あまり丁寧に乗っていなかった証拠とみていいでしょう。

あまり丁寧に乗っていなかった車というのはほかの部分にもそれなりの問題があることが多く、後でがっかりする可能性が大きいということになるでしょう。

また、室内のニオイが気になる車というのがあります。

ニオイというのはどんなに時間が経っても、またどんなに消臭しても完全には抜けないものですし、慣れれば気にならなくなるというものでもありません。

そのため、当然ながら買取に出すときも買取価格がぐんと下がりますので、どうしても気になるようなら避けたほうが無難です。


このページの先頭へ