"> 輸入車の維持費用

輸入車の維持費用が高いのは主に整備の人の人件費のため

日本は車にかかる税金の割合が世界一高い国です。

そして、日本人の意識は高く、任意保険もほとんど入っていますから、車にかける維持費は相当な額になります。

国産車でさえ車の維持費は高いのですから、輸入車となるとさらに高額な維持費が予想されます。

輸入車の維持費用が高いのは、部品代が高いうえ、 修理代も高いからだと言われています。

また、時と場合によっては輸入車の修理を断られるときもありますし、車検代も高いというのは事実です。

日本車と違って輸入車のメンテナンスの費用が高くなるのは、主に整備の人の人件費のためだといわれます。

輸入車を修理する工場では、輸入車に対する特別の教育を受けている人が必要で、そのような特別の知識、技量を持つ人が多いという事情があります。

そのような修理工の人たちは、ニューモデルが出ると海外に研修に行くことさえあるのです。

そんな事情で車検費用が高くなりますが、壊れた時の修理も専門の教育を受けた人が行うので修理代もたかくなります。

更に、丈夫で壊れにくい日本車より、輸入車の方が壊れやすいという事情もあります。

またに、輸入車の多くがハイオクのガソリンですからガソリン代も高くなってしまいます。

フォルクスワーゲン社が日本仕様にレギュラーガソリン車を検討中とのことですが、実現が待たれるところです。

車検の費用は出す修理工場によっても違ってきますが、法定費用でも高くなってきます。

車検の法定費用には、自動車重量税と、自賠責保険、そして検査登録印紙代の3つがかかりますが、頑丈に作られているドイツ車は重量が重く、したがって重量税高くなる傾向があります。

そして、日本車の多くはエコカー減税が適用になりますが、輸入車は減税がないことからその分でも高くなってしまいます。


このページの先頭へ